お花や観葉植物はいつ贈るのがベスト?

誰かにお花や観葉植物を贈りたいと考えていたり、開店・開業といった新たな門出を祝ったりする際には、いつ、どのタイミングで贈るのがベストなのでしょうか。
どうすれば、予定している日に贈ることができますか。
今回は、お花や観葉植物を贈るタイミングというテーマを考えます。

早すぎないように、贈るタイミングは考えましょう

開店・開業祝いを贈るタイミングは、開店一週間前から当日の午前中が一般的とされています。
しかし、開店・開業する側からすると、当日の午前中に送られても、開店のための準備がありますので大変忙しく、贈答品の梱包を解いたり、どこに置いたらいいのかインテリアについて考えたりする時間はほとんどないことでしょう。
仮に開店祝いの場合、プレオープンなど前もって開店するタイミングがあれば、その時に贈ることもできるでしょう。
ですから、十分前もって贈答用のお花や観葉植物を贈る必要があります。
かといって、あまりにも贈るのが早すぎるとどうなってしまうでしょうか。
例えば、お花を開店一週間前に贈ったとします。贈ったときには花が満開できれいかもしれませんが、開店のその日に花が散ってしまっていれば、開店を祝うどころか贈答品を飾れずに、台無しになってしまうことでしょう。
ですから、お花などの一番きれいな時期が短い植物を贈答品として贈る場合には、遅すぎても早すぎてもいけません。
もちろん、植物の盛り具合を開店・開業の日にぴったり合わせるということは、素人にはできません。
そのため、贈答用のお花や観葉植物を用意するためには、お店との協力が必要です。

贈りたい日にちから逆算して、きちんと届くようにお店に伝えましょう。

お祝いとして贈答品のお花や観葉植物を贈るときに大切なのはタイミングでした。
このタイミングに合わせて贈るためには、購入するお店とよく意思疎通を通わせておく必要があるでしょう。
そうすれば、思っていたタイミングより早くお花や観葉植物が届いてしまったり、受け取れない時間に届いてしまったりすることを避けられます。
それで、贈りたい日にちから逆算して、きちんと届くようにお店に伝えるなら、トラブルを避けることができるでしょう。
まず、贈り先に届ける日にちを決めます。
そしてその前日か、当日の朝早くにお花や観葉植物を受け取れるように指定します。
お花や観葉植物の状態を考えすぎて、贈るギリギリのタイミングを受け取り時間に指定すると、想定外の出来事が生じた際に対応できなくなってしまいます。
一例として、渋滞のせいで配達が遅れてしまうということも十分ありあえることでしょう。
ですから、遅くても当日朝早く、できるなら前日に受け取っておくならば、安心できます。
また、贈り先に直接届けるようお店に配達をお願いする場合には、三日前や前日に、失礼のない仕方で再度連絡を取ることもできます。
そのようにするときに、贈りたいタイミングに贈れないという問題を避けられます。

贈るタイミングがギリギリになってしまったら?

どんなに周到な準備をしていたとしても不測の事態というものは生じてしまうものです。
そのようなときどのように対応したらよいのでしょうか。
不測の事態の一つに贈るタイミングがギリギリになってしまうということがあります。
要因として、連絡ミス、配達の遅れなどが想定されますが、こうなってしまった場合に、贈り先に対する配慮をどのように示すことができるでしょうか。
最初の副見出しで考えたように、贈り先の立場に立って考えましょう。
もし、贈るタイミングが遅れてしまい、開店前日に贈ろうと思っていたお花や観葉植物を贈るのが開店当日になってしまった場合はどうでしょうか。
忙しい贈り先のことを考えて、不要なラッピングや梱包をとり外したり、設置する場所を聞いて持っていったりするなどの親切を示せるでしょう。
また、次に似たような問題が生じることが無いように、なぜそうした事態に陥ってしまったのかを分析することができます。
その要因について調べ、記録します。
一概に、お花や観葉植物を購入したお店側の責任だと決めつけないようにしましょう。
自身で改善できる点に気づくならば、次回からはトラブルが生じることが無いように十分前もって準備を進めることができるでしょう。

開店・開業のお祝いにお花や観葉植物を贈るときには、贈るタイミングに細心の注意を払うならば、贈り先に喜ばれます。早すぎず遅すぎず、十分前持った計画を立てて準備するならば、最高のタイミングでお祝いを贈ることができるでしょう。”