あ~やってしまった!お花や観葉植物ギフトの失敗事例とは

お花や観葉植物といったギフトには、それぞれの持つ意味や、渡すべきタイミング、他と比べて貧相すぎたり豪華すぎたりしないかなど、様々な点に配慮しなければなりません。
せっかく贈答品を用意するわけですから、贈り先に喜んでいただけるよう準備しましょう。

仏滅などの日は贈り物には適さない?

日本には歴注の一つに六曜と呼ばれるものがあります。
カレンダーや手帳を開くと、日付の下に、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の表記をよく見かけることでしょう。
これが、六曜です。
六曜はもともと、1か月を5等分して一定の周期として用いられていたものですが、鎌倉時代から室町時代にかけて、その意味や解釈が付されたり変更されたりしてきました。
そのため、現在でも大安の日に結婚式を挙げたり、友引の日に葬式を避けたりするなど、冠婚葬祭といった大きな行事に影響を与えてきました。
六曜における大凶日である仏滅に、祝い事や贈答を行わないという習慣をもあります。
現代の若い人は、この六曜に触れる機会が少ないため、あまり意識しない人が多くなっています。
しかしながら、歴史あるお店が新しく店舗を出店するような場合には、それらを意識し、六曜の中でも最も基地の日とされる大安の日に贈答品を贈るほうが喜ばれることが往々にしてあります。
贈答品を贈る際には、贈り先の持っている習慣や考え方に基づくならば、受け入れやすく、喜ばれやすくなるでしょう。
とはいえ、贈答品を贈るタイミングの一般的な常識との兼ね合いもあるので、並行のとれた仕方で折り合いをつける必要があります。

他のギフトに比べて貧相すぎる・豪華すぎると良くない?

どんなものにも度合いというものがあります。
昔からいい塩梅という様に、おいしい梅干を作るためには、梅と塩のバランスが絶妙でなければなりません。
贈答品に関しても同様のことが言えます。
周りと比べて貧相すぎるならば、贈り先は本当に祝ってくれているのだろうかと感じてしまうかもしれません。
かえって、豪華すぎるならば贈り先にとって荷物に感じる贈答品になってしまったり、他の贈り主からはひんしゅくを買うようなことになってしまったりするかもしれません。
そうしたことを避けるために、一般には、贈答品の場面別に分かれた価格帯というものが存在します。
お花を贈るにしろ観葉植物を贈るにしろ、その価格帯を参考にして準備すれば、極端に貧相すぎたり、ひんしゅくを買うほど豪華すぎたりすることはないでしょう。
ですから、贈答品を用意するにあたって、この贈答品はどの場面で贈られ、どの価格帯を選ぶべきなのかを前もってリサーチするなら、失敗を避けられます。
一般的に、開店・開業祝いとして観葉植物を贈るなら、10,000円から20,000円が相場になっています。
お花もそれと同等程度で、胡蝶蘭の場合は10,000円から30,000円のものが、開店・開業祝いとして贈る贈答品の相場です。

赤いものは贈ってはいけない?(※火事や赤字を連想)

場合によっては、贈る植物の色合いに注意を払う必要もあります。
観葉植物の一般的な色合いである緑であれば何の問題もありませんが、赤いお花や観葉植物を贈る場合には注意が必要です。
赤という色自体は、太陽や火といった熱く活発で活気ある様子がイメージとして浮かびます。
エネルギーを連想する人もいるでしょう。
赤は波長が長く五感の中でひときわ目に飛び込んできやすい、誰にでもなじみのある色ですが、贈答品などの場合には別の意味を持つことがあります。
開店・開業祝いに贈るお花や観葉植物が赤いと、お店が火事となってしまう様子を連想してしまったり、経営不振によって赤字になってしまうことを連想してしまったりすることがあります。
対して、この副見出しの冒頭で述べた一般的な観葉植物の色合いである緑は、安定感のある色です。
緑には近年、エコや地球といった意味合いも含まれるようになっており、信頼感の象徴としても用いられる色でもあります。
これらの点を念頭に置くと、赤いお花や観葉植物はネガティブなイメージを連想させてしまう可能性が高いため、あまりおすすめできません。
むしろ、ポジティブなイメージを推進する緑にあふれた贈答品を選びましょう。

お花や観葉植物を贈るだけでも、配慮を示すべき習慣やマナーなどが数多くあります。
ひとつひとつすべてに忠実に当てはめることは難しいことでしょう。
ですから、贈り先の持っているイメージをあらかじめ知るように努め、喜ばれる贈答品を用意しましょう。

贈り先に合わせた選び方のポイントとは?

お花や観葉植物を贈る際には、贈り先に合わせた植物を贈るようにしましょう。
といっても、どんな植物が贈り先にあっているのか、調べるのは大変です。
この記事では、贈り先別のおすすめ贈答品を紹介します。

美容院やエステサロンの開店・開業祝いに贈りたいベスト3

美容院やエステサロンなど、美しさに関連した施設の開店・開業のお祝いにはそれに類した植物を贈ると喜ばれます。
また、開店後も設置したままインテリアとして利用できる植物であれば、良い客引きにもなり、選び方次第で長期間にわたって喜ばれる贈答品になります。

第1位 胡蝶蘭

比較的長期間にわたって華やかな花をつける胡蝶蘭は、開業・開店の贈答品として非常に人気のある植物です。
控えめな白やピンクの花は、存在を主張しすぎることなく新たな門出を祝福してくれます。
胡蝶蘭には、幸福が飛んでくるという花言葉があります。

胡蝶蘭 ギフトの参考サイトはこちら

第2位 サンセベリア

乾燥に強く、日照不足にも強いサンセベリアは、散髪をしたりエステをしたりと環境が目まぐるしく変化する美容院やエステサロンに適した観葉植物です。
花言葉は永久で、新たな開店・開業の繁栄を願い、贈答品として利用するのにぴったりです。

第3位 ストレチア

ストレチアの花言葉には、気取った恋やオシャレな恋などがあります。
美容院やエステサロンに来るお客のことを念頭に入れれば、それらのコンセプトにあった花言葉であるため、人気があります。
ストレチア自体も、インテリア映えする細長い茎と、スペード型の葉がその存在感を主張します。

会社や事務所の開店・開業祝いに贈りたいベスト3

会社や事務所は、華やかさを持たせるというよりかは、癒しや和みを提供する植物が好まれる傾向にあります。ストレス軽減やリラックス効果が実証されている観葉植物からランキングし、その植物の持つ意味と一緒に紹介します。

第1位 ドラセナ

幸福の木と呼ばれるドラセナは、幸福や隠しきれない幸せといった花言葉を持ち合わせています。別名も花言葉も、積極的な内容が多いドラセナは、さらに細かく分類されるので、サイズやデスクの雰囲気に応じて選ぶようにしましょう。また、丁寧に手入れすれば何年も若葉のような輝きを保つため、長期間にわたって置いてほしい時にもおすすめです。

第2位 ユッカ

ユッカは別名青年の木と呼ばれ、次々に出てくる新芽はまっすぐ上を向いて伸び、その様子が成長や発展を意味しているといわれています。卓上サイズから24号鉢サイズの巨大なものまであり、幅広い場面に適しています。

第3位 パキラ

パキラは、オフィスに設置する観葉植物としても広く親しまれている植物の一つです。「快活」という花言葉を持ち合わせているパキラは、職場の明るい雰囲気に一役買う、乾燥に強く丈夫な観葉植物です。スラっと伸びた幹と丈夫に茂る葉が、オフィスに木を置いたかのような雰囲気を与えてくれます。

お花や観賞植物などを贈答品として贈る場合、贈り先のことを考えて、則した花言葉や意味を持つものを贈るなら喜ばれます。
実際にお花や観賞植物を選ぶ際には、それぞれの持つ意味を調べて選ぶというひと手間を加えるだけで、とても喜ばれる贈答品に変化します。

お花や観葉植物はいつ贈るのがベスト?

誰かにお花や観葉植物を贈りたいと考えていたり、開店・開業といった新たな門出を祝ったりする際には、いつ、どのタイミングで贈るのがベストなのでしょうか。
どうすれば、予定している日に贈ることができますか。
今回は、お花や観葉植物を贈るタイミングというテーマを考えます。

早すぎないように、贈るタイミングは考えましょう

開店・開業祝いを贈るタイミングは、開店一週間前から当日の午前中が一般的とされています。
しかし、開店・開業する側からすると、当日の午前中に送られても、開店のための準備がありますので大変忙しく、贈答品の梱包を解いたり、どこに置いたらいいのかインテリアについて考えたりする時間はほとんどないことでしょう。
仮に開店祝いの場合、プレオープンなど前もって開店するタイミングがあれば、その時に贈ることもできるでしょう。
ですから、十分前もって贈答用のお花や観葉植物を贈る必要があります。
かといって、あまりにも贈るのが早すぎるとどうなってしまうでしょうか。
例えば、お花を開店一週間前に贈ったとします。贈ったときには花が満開できれいかもしれませんが、開店のその日に花が散ってしまっていれば、開店を祝うどころか贈答品を飾れずに、台無しになってしまうことでしょう。
ですから、お花などの一番きれいな時期が短い植物を贈答品として贈る場合には、遅すぎても早すぎてもいけません。
もちろん、植物の盛り具合を開店・開業の日にぴったり合わせるということは、素人にはできません。
そのため、贈答用のお花や観葉植物を用意するためには、お店との協力が必要です。

贈りたい日にちから逆算して、きちんと届くようにお店に伝えましょう。

お祝いとして贈答品のお花や観葉植物を贈るときに大切なのはタイミングでした。
このタイミングに合わせて贈るためには、購入するお店とよく意思疎通を通わせておく必要があるでしょう。
そうすれば、思っていたタイミングより早くお花や観葉植物が届いてしまったり、受け取れない時間に届いてしまったりすることを避けられます。
それで、贈りたい日にちから逆算して、きちんと届くようにお店に伝えるなら、トラブルを避けることができるでしょう。
まず、贈り先に届ける日にちを決めます。
そしてその前日か、当日の朝早くにお花や観葉植物を受け取れるように指定します。
お花や観葉植物の状態を考えすぎて、贈るギリギリのタイミングを受け取り時間に指定すると、想定外の出来事が生じた際に対応できなくなってしまいます。
一例として、渋滞のせいで配達が遅れてしまうということも十分ありあえることでしょう。
ですから、遅くても当日朝早く、できるなら前日に受け取っておくならば、安心できます。
また、贈り先に直接届けるようお店に配達をお願いする場合には、三日前や前日に、失礼のない仕方で再度連絡を取ることもできます。
そのようにするときに、贈りたいタイミングに贈れないという問題を避けられます。

贈るタイミングがギリギリになってしまったら?

どんなに周到な準備をしていたとしても不測の事態というものは生じてしまうものです。
そのようなときどのように対応したらよいのでしょうか。
不測の事態の一つに贈るタイミングがギリギリになってしまうということがあります。
要因として、連絡ミス、配達の遅れなどが想定されますが、こうなってしまった場合に、贈り先に対する配慮をどのように示すことができるでしょうか。
最初の副見出しで考えたように、贈り先の立場に立って考えましょう。
もし、贈るタイミングが遅れてしまい、開店前日に贈ろうと思っていたお花や観葉植物を贈るのが開店当日になってしまった場合はどうでしょうか。
忙しい贈り先のことを考えて、不要なラッピングや梱包をとり外したり、設置する場所を聞いて持っていったりするなどの親切を示せるでしょう。
また、次に似たような問題が生じることが無いように、なぜそうした事態に陥ってしまったのかを分析することができます。
その要因について調べ、記録します。
一概に、お花や観葉植物を購入したお店側の責任だと決めつけないようにしましょう。
自身で改善できる点に気づくならば、次回からはトラブルが生じることが無いように十分前もって準備を進めることができるでしょう。

開店・開業のお祝いにお花や観葉植物を贈るときには、贈るタイミングに細心の注意を払うならば、贈り先に喜ばれます。早すぎず遅すぎず、十分前持った計画を立てて準備するならば、最高のタイミングでお祝いを贈ることができるでしょう。”

お花や観葉植物はどこで買えるの?お店で買う派vsネット通販派

ひと昔前であれば、お花や観葉植物などの生きているもの、手入れをしなければ枯れてしまうものは、しっかりと世話のできるお店でしか購入できませんでした。
しかし、近年ではネット通販でそれらの植物も購入できるようになり、お店で買うのがよいのかネット通販で買うのがよいのか悩んでしまいます。
では、それぞれどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

お店で買うときの選び方は?

お店で買うときに最大のメリットは、実際に購入するお花や観葉植物を見て調べることができるという点です。
植物は生き物ですので、手入れが悪かったり季節が過ぎたりしてしまうと、品質が落ちてしまいます。
ですから、実際に目で見て確認できるお店は大きなメリットを有しています。
さらに、お店で買うのであれば、植物に詳しい店員さんにわからないことを気軽に尋ねることができます。
お花や観葉植物を買いたいと思ってはいても、どう手入れしたらよいのか、管理の仕方などが詳しくわからない場合があります。
そんなときでもお店で買う場合には、注意点や育て方の指導をその場で受けることができるのです。
しかし、お店で買う場合にもデメリットがあります。たくさんある商品の中で、好みのものを見つけることができなかったり、自分で持ち帰るのが大変だったりすることがあります。
ラッピングに時間がかかることもあるでしょう。中には、商品の回転が悪く、植物がしおれていたり、植物の根がポットや鉢の裏に回っていたりするお店もあります。
このような場合には、お店で買うときのメリットを最大限に生かし、実際に自分の目で見て確かめることによって、デメリットをカバーできます。

ネット通販で買うときの選び方は?

ネット通販は、自宅でタブレットやパソコンを開けば、商品を気軽に閲覧できる便利なシステムです。
お店に実際に足を運ばなくても、お花や観葉植物を探すことができるので、忙しい時でもよく調べて購入できるというメリットがあります。
最近は、それぞれの植物の特徴が細かく記載されているネット通販も多く、販売される植物の写真が様々な角度から撮影されているので、購入するかどうかの参考になります。
育て方についての詳細が記されていたり、部屋との兼ね合いについて説明していたりするサイトもあります。
しかし、ネット通販では、お店で買うときとは異なり、実際に購入する植物を目で見て確かめることができないというデメリットがあります。
思っていたものと違っていたり、サイズが想像を超えていたりすることもしばしばあります。
また、ネット通販の場合、自宅に届くまでに配送という過程をどうしても経なければなりません。
その際に葉が折れてしまうといったアクシデントが生じると、そのものの価値が下がってしまい、残念で仕方ありません。
ですから、ネット通販でお花や観葉植物を購入する際には、配送した写真を送ってくれるところや、返品や交換などができるサイトを選びましょう。

このように、お店で買う場合もネット通販で買う場合にも、それぞれメリットやデメリットがあります。
もちろん、メリットを最大限に生かして注意深く購入すれば、デメリットを覆うことができます。それで、お花や観葉植物を購入する際には、状況や目的に応じて購入の仕方を調整しましょう。

開店・開業祝いにはお花や観葉植物を!選び方やマナーを知れば大丈夫です

知り合いや取引先が、開店・開業といった新しい門出に立った時、何をしてお祝いしたらいいかと迷ってしまいますよね。
実は、観葉植物の中には、縁起の良いものがあります。
では、どんな観葉植物が相手に喜ばれるのでしょうか。

お花や観葉植物を贈るときに気を付けたいポイントは?

それぞれのお花に“花言葉”と呼ばれる、それぞれの特徴を引き出した象徴的な意味合いを持たせたものがあるように、観葉植物にも、それ自体に意味を持ったものがあります。
例えば、お祝い事の贈答品として人気のあるユッカと呼ばれる観葉植物には、「青年の木」という別名があります。この植物は、寒くても枯れず暑くても枯れず、耐寒性や耐暑性に優れています。
また、その葉は上を向いてしっかりと伸びていくため、その姿が、前を向いて歩き続ける青年のように見えることから、「青年の木」という別名が付されたのかもしれません。
そして、勇壮、雄壮、勇ましい、偉大といった花言葉も持ち合わせています。
このような、別名や花言葉からユッカは発展の木としても一般的に親しまれています。
このように、それぞれの植物には、その植物の持つ意味があります。
ですから、贈答品として利用する場合には、その植物の持つ意味がいわば送り側のメッセージとして受け取られるということを考慮に入れて、選ぶ必要があるでしょう。
意味を考慮してお花や観葉植物を選ぶことに加えて、もらった相手が手入れの負担にならないものを選ぶというのも重要なポイントです。
そのため、育て方の難しくない初心者向けの観葉植物や手入れの簡単なお花が好まれる傾向にあります。

予算は?いくらぐらいが妥当でしょうか

相手に送るお花や観葉植物を決めるにあたり、予算をあらかじめ決めておくことも大切です。
観葉植物を贈答品として利用する場合、その価格帯や贈る観葉植物のサイズ、主に何号鉢のものかという点に基づいて、どんな時に送るものかという大まかな基準があります。
ちなみに、1.000円から3,000円程度であれば、日ごろの感謝やお返しのギフトとして利用する価格帯で、多肉植物の寄せ植えや非常に小さい鉢に入った観葉植物が一般的です。
3,000円から5,000円の価格帯になると、誕生日といった記念日の贈り物に人気のある価格帯になります。
観葉植物の大きさもそれなりになり50㎝ほどのものを購入できるでしょう。
5,000円から10,000円になると、立派な鉢に入った1mほどの観葉植物を購入できます。
これらも記念日に利用できますし、ちょっとしたお祝い事にも購入される方が大勢おられます。
しかし、今回は開店・開業といった大きな門出を祝した贈答品ですので、10,000円から20,000円ほどの予算が必要でしょう。
この価格帯は新築祝いなどにも利用される、大きな門出を祝うためのものですので、9号から12号のしっかりとした鉢に植えられた大型の存在感のある観葉植物です。
購入するお店によっては送り主を記した木札などを付けてくれるお店も多くなります。
では、その木札の書き方はどのようなものでしょうか。

添える木札の書き方について

選ぶお花や観葉植物に、選び方のポイントがあったように、木札にも書き方やマナーがあります。
お祝いごとの内容に応じて、お祝いの言葉を変える必要がありますし、書き方や順番を間違えると、全く違う意味を伝えてしまうことがあります。
ですから、あらかじめ木札の書き方を知っておくと贈り物する際に役に立ちます。
添える木札の書き方について大きく分けて3つのルールがあります。
1つ目に、お祝いの札なのかお悔やみの言葉なのか、目的がはっきりとわかる言葉を一言記します。
開店・開業祝いであれば「祝」という文字になるでしょう。
もちろん必ず必要というわけではありませんが、簡潔な文面を記載することにより、意味の伝わりやすい木札になります。
ですから、「祝」あるいは「祝 開店」ないし「祝 開業」といった程度の文章にとどめるのがベストでしょう。
2つ目は、お贈り先の名前を記載することです。3つ目は、送り主の名前を記載するということです。これは重要なマナーです。
名前が記載されていなければ誰からのお祝いなのかわかりません。
差出人のない手紙のように謎の贈答品となってしまうでしょう。
この3つの点を留意した木札の書き方は以下のようになるでしょう。
(お贈り先の名前が喫茶カフェモカで、自分の名前が胡蝶蘭子の場合)

例) 祝 ご開店
喫茶カフェモカ様
胡蝶蘭子

このように、開店・開業といったお祝い事の際にお花や観葉植物を贈る際にも、選び方やマナーがあります。
しかし、それ自体が難しいということはありません。
少し調べれば簡単にわかりますし、何より、しっかりとしたメッセージを持った贈答品は、お贈り先に喜ばれることでしょう。